FC2ブログ
 
■プロフィール

caevono

Author:caevono
ボサノバデュオ
cae+vono(カエボノ)
夫婦でボサノバやサンバを演奏しています
食いしん坊cae(ボーカル)
三度の飯よりギター好きvono(ギター)

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
10/5 カエターノ・ヴェローゾとテレーザ・クリスチーナの大阪公演(NHK大阪ホール)大阪ライブ
カエボノの今年のテーマとして、年頭に掲げていたひとつに、ホンモノを聴き(見)に行こうと言っていた。
そして、ようやくここにきてチャンスがきました。カエターノヴェローゾ、11年ぶりの来日。これは東京で開催のモントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2016参加のための来日で、単独の公演は大阪のみ!
そのため会場には東京や全国からブラジル音楽ファンが集まっていました
caeの知り合いの北海道の方も会場でバッタリ再会!みんなホント好きなのね〜。そしてカエターノってすごいんやなって再認識。
大阪の知り合いのミュージシャンとも数人再会、見たことあるミュージシャンも多数
後日の東京のライブより5曲多かったらしい。ちょっとうれしい(^^)
と説明してきましたが、私vonoはそれほどカエターノに詳しいわけではなく、アルバムも2枚ほどあるだけの初心者なので、どんなライブになるのかワクワクでした。

ライブの前半は女性サンバボーカリストのテレーザ・クリスチーナとギタリスト、カルリーニョス・セッチ・コルダスのデュオ。有名なサンバ歌手のカルトーラの曲を歌いました。テレーザはすらりとした長身で、少しハスキーで優しいボーカルでカルトーラの有名な曲を10曲ほど歌いました。ギターのカルリーニョスは7弦ギターで全体的にしっとりと抑揚の付け方が印象的で、サンバギター特有の親指での低音のメロディが素晴らしかった。

そのあと、カエターノ登場!
全編ギターの弾き語り。カエターノのあの優しい声。74歳とは思えない高音。
そして、カルリーニョスのあとだけに、カエターノのギターはすごくボサノバを感じた。サンバ調の曲ではボクの脳裏にはブラジルの風景が浮かぶ。
知っている曲は少なかったけど、アンコールを含め26曲!あっという間の2時間でした。特にギターの名手というわけではないカエターノだけど、ブラジルのノリをすごく感じるプレイ、さすが50年のキャリアです。
まだまだ若いカエターノ、きっとまた来日してくれるでしょう!!


あまり彼について詳しく説明できませんでしたが、
詳しくは中原仁さんのブログをどうぞ (^^;)
http://blog.livedoor.jp/artenia/archives/52386514.html

caetano1.jpg

caetano2.jpg


Teresa Cristina Canta Cartola (com Carlinhos 7 Cordas)
Caetano Veloso voz e violao
スポンサーサイト


Music日記 | 20:22:14 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。