■プロフィール

caevono

Author:caevono
ボサノバデュオ
cae+vono(カエボノ)
夫婦でボサノバやサンバを演奏しています
食いしん坊cae(ボーカル)
三度の飯よりギター好きvono(ギター)

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

『滋賀deサウダージ』への想い
こんにちは

夫婦ボサノバデュオ cae+vono(カエボノ)です

私達のブログを見つけてくださりありがとうございます

「滋賀deサウダージ」を企画したきっかけ

街を歩くとボサノバを聴かない日はない、、、
とゆうくらいスーパーや本屋さん、カフェあちこちでボサノバが流れてる日本。
ボサノバは日常に溶け込んでいる音楽だと感じています。

活動を始めてから、東京や大阪等ではあちこちでボサノバライブがされている事も知りました。

だけど滋賀では生のボサノバ、ブラジル音楽を聴く場所が少ない、、、、

また、滋賀はブラジル国籍の方たちもたくさんおられますが(都道府県第6位)交流できる場も少ない、、、

そして、自分達でその場所作りをできたらいいなあと思ったのがきっかけです。

来ていただくアーティストさんには滋賀の素敵なところも知っていただきたい

「滋賀deサウダージ」は、ボサノバで有名な「シェガジサウダージ」とゆう歌と滋賀を合わせた言葉。

この言葉の発案者は、名古屋で活躍されている日本のブラジル音楽、サンバ界の重鎮ゲーリー杉田さんです

ポルトガル語のサウダージは、郷愁・故郷や大切な人を想うココロ・懐かしむ気持ち・切なさ等の意味があります。

ブラジルの歌には良くサウダージとゆう言葉が出て来ます。

ブラジルの方は、家族や故郷を大切に想う気持ちが深いなとボサノバを歌うようになって感じるようになりました。

素敵なボサノバ、ブラジル音楽と、地球の反対側のブラジルと、滋賀(日本)の素敵な所を知ってもらい音楽を通して交流したい、、、
そんな想いで名付けた『滋賀deサウダージ』

まだまだ始まったばかりですが、国籍を越えて楽しい交流が生まれる場所として育てていけるといいなあと思っています。

やわらかい息づかいを感じれるポルトガル語と、ガットギターの柔らかな音色のボサノバを是非楽しみに来てください

そして、ゆくゆくはみんなでギターを弾いたり歌ったりいろんな話で交流を深めたいと思っています

ボサノバ大好きブラジル大好き興味があるどんな世界が知ってみたい

いろんな方と交流が出来る事を楽しみにしています

cae&vono(カエボノ)

スポンサーサイト
滋賀deサウダージ(ご挨拶) | 10:39:37 | コメント(0)

FC2Ad